三友エンジニアは、3DレーザースキャナーとGPSのITによる土木コンサルタント会社です。

株式会社三友エンジニア

SANYUTriangular pyramid

土木コンサルタント事業

人々の生活が
安心・安全・快適に
送れるように

Civil
Engineering
Consultant

三友エンジニアの
土木コンサルタント

Civil engineering consultant

安全に、スピードアップ

今まではどんな危険な場所でも人間が確認するしかなかった。それは、危険であるだけでなく、時間もコストもかかり、その技術者の力量によって調査に差が生じることもあった。
今は、安全でスピーディ、コストダウン、そして何より正確なデータを収集できる。
3D・CG作成事業

緊急時に適切に動くため
平時の点検、管理が重要

従来、危険箇所を多く含む橋梁や鉄塔、ダムなどでは、正確な計測は難しい作業でした。 崖面は足場を組むかロープを張るなどして計測し、また危険箇所では保安員を置き時間と人員かけて計測を行っていました。
弊社の3Dレーザースキャナーでの計測では、そのような危険箇所に立ち入ることなく計測が行えるため、安全でスピードアップとコストダウンにつながります。

  • 公共土木測量事業公共土木測量事業
  • 3D・CG作成事業3D・CG作成事業
  • 文化財・アーカイプ事業文化財・アーカイプ事業

結果を出すことの責任

Computer Mapping3D・CG制作事業
最新機器と技術がつくる

大空から見渡す鳥になれる
人間の目で見えないところを
見せる技術

2次元図面では、机上の理論では正しいとしても、大きすぎて全体像の予測やイメージがわきませんでした。3Dにすることで、完成時のイメージができます。
また、事前に危険な箇所を確認し、対処することも可能になります。

地図にない道を描く

Evacuation route予期せぬ災害その後の安全確保

地震、台風による長雨、洪水、土砂崩れ。災害の多い日本に住む私たちは、誰もが危険と隣り合わせです。災害をなくすことはできなくとも、可能な防災や、もし、災害が起きてしまった後の対応が重要です。
災害後、いち早く現場の現況を正確に伝えるために、離れた場所から安全に高精度な測量データを収集してモデリングを行います。